一般治療

一般治療とは

一般治療とは

一般歯科治療とは、虫歯や歯周病などの基本的な治療です。どちらも進行すると歯を失ってしまうお口の2大疾患です。虫歯も歯周病も、原因はプラーク中に繁殖する細菌です。これらを丁寧に取り除き「できるだけ歯を綺麗に保存する」考えを基本に治療し、再発しないような予防や治療後のメンテナンスを考えて治療しています。
また、予防歯科で定期メンテナンスを心がけていることにより大きなメリットが発生します。
6才臼歯は虫歯になりやすいため、歯の溝を徹底的に予防します。毎日綺麗にブラッシングしているから大丈夫だと思っている方でも、ぜひ歯科医院に通って定期検診を受けてください。歯医者さんでは手の行き届かないところまで治療致します。

予防歯科で健康な歯を保つ

 

フッ素

フッ素

フッ素は細かい粒に作用し、丈夫な粒にしたり、壊れにくい粒にしたり、少しの壊れかけの修復を促したりすることができます。また、歯だけではなくむし歯を起こす細菌にも働きかけ、細菌に酸を出させないようにする効果があります。これらのことで、細菌の出す酸に負けない強い歯を作り、たくさん酸を出させないようにすることでむし歯予防になります。
※歯医者さんで一度塗ったら大丈夫ということはありません。使う薬剤や濃度によって頻度は変わりますが、続けていくことに意義があります。

 

定期検診

定期検診

大切な歯をいつまでお健康な状態で保っておくためには、家庭でのブラッシンなどの他に、歯科医院に通い定期的な検診が必要になってきます。「治ったから大丈夫」「私はいつも綺麗にしているから大丈夫」などお考えでも、虫歯などは予期せぬ時に新たに虫歯などができたりしてしまいます。また歯周病の状態を考え3か月・6か月・1年の間隔で定期検診をすることをお勧めします。

 

マウスクリーニング

マウスクリーニング

上記以外にお口の中を健康に保つためには定期的な「マウスクリーニング」もお勧めしております。虫歯や歯周病の原因となる細菌性のプラークを歯ブラシだけでは完全に除去するのは大変難しいです。なので、ご自身でお手入れの行き届かない部分の歯のメンテナンスを歯科医院で受けて、事前予防することをお勧めしております。